ビンテージ家具


【ヴィンテージ家具紹介 Vol.1 ネストテーブル】

ネストテーブル。

聞きなれない言葉かもしれませんが、同じ形でサイズの異なるテーブルを組み込み、
必要に応じて取り出して使用するテーブルのことを言います。
大・中・小の三段階になっているものが多いのですが、中には四段式のものや、引出がついているものなどのあります。
19世紀になってから広く普及し、主にリビング等で使用されてきました。

海外では nest of tablesとも呼ばれています。nest=巣より、『居心地の良い』という意味もあるようです。
英語のnestを動詞にすると「nestle(ネッスル)」となります。
違いの分かる、で有名な某企業の語源は実はここにあります。

ネストテーブルの使い方が色々です。
普段は収納していて来客時に使用される方。
一つは花台に、一つは電話台に、一つはコーヒーテーブルに・・・とそれぞれ用途を用意される方。
テーブルの数だけ、その利用方法はありそうですね。

写真: ネストテーブル
size: 幅552×奥行400×高さ474(mm) 幅478×奥行400×高さ455(mm) 幅400×奥行400×高さ432(mm)
価格: ¥58,800(税込)

>> 詳細はこちら