ビンテージ家具


【ヴィンテージ家具紹介 Vol.21 デスク】

北欧ヴィンテージで、ある意味一番人気のあるのがデスクです。


北欧デザインの原点は、長く厳しい冬のある厳しい自然環境の中で、
いかにして快適な住環境を整えることができるか、ということだと思います。

木材を熟知した職人が素材の持ち味を生かし、デザインはもとより機能性にもこだわり
製作していった北欧デザインインテリア。

奇をてらうことなく、落ち着いた雰囲気のあるデスクは使い手が長く愛用できるよう
細かな気遣いがなされているものばかりです。

量産品ではありません。
そのため、同じ形状のものに出会う可能性はあまり高くはありません。

ヴィンテージ家具の中でも一期一会、という言葉が良く似合うのがデスクかもしれません。

木の温もりを身近に感じていただけるヴィンテージデスク。
生涯にわたってご愛用いただけるような出会いに立ち会えれば、幸せです。

展示 片袖デスク
size: 幅985×奥行550×高さ740(mm)
価格: ¥99,750(税込)

>> 詳細はこちら







【ヴィンテージ家具紹介 バックナンバー】

>> スクールチェア


>> カイ・クリスチャンセン


>> プラント・インテリア


>> ライティング・ビューロー


>> プラエオリジナル"Freed"


>> ウェグナー "GE-258"


>> 北欧×植物


>> フィン・ユール"Diplomat"


>> アルネ・ヤコブセン"セブンチェア"


>> ファイリング キャビネット


>> ボーエ・モーエンセン


>> チャイルドチェア


>> ソーイングテーブル


>> ワゴン


>> ドローリーフ・テーブル


>> イージーチェア


>> ネストテーブル