ビンテージ家具


【ヴィンテージ家具紹介 Vol.5 ソーイングテーブル】

何気ない、コーヒーテーブル。
一見そのように見えるかもしれませんが、実はとっても優秀なテーブルなんです。

ソーイングテーブルの歴史はとっても古く、また裁縫がされる国では色々な形が生まれています。
もちろんヨーロッパでも数多くのソーイングボックスが作られてきました。
今回入荷したソーイングテーブルは1950~70年代にデンマークで作られたものです。

裁縫は当時の女性にとって大切な家事の一つでもあり、嫁入り道具として持って行ったものを大切に長く使用していたようです。
頑丈な木製の洋裁道具が多いのもなんだか納得です。

実際には裁縫道具だけでなく、手紙や小物なので人にあまり見せたくないものもしまってました。
『人の裁縫道具を触ってはいけない』ということわざ?を聞いたことがあるのですが、
それもそういう理由があったから生まれてきた言葉なのかもしれません。

自分だけの大切な大切な収納箱。

とっても素敵な考え方だと思います。



写真: ソーイングテーブル
size: 幅465×奥行365×高さ455(mm)
価格: ¥39,900(税込)

>> 詳細はこちら